更年期

更年期障害とは

更年期障害とは、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」の分泌量が減少することで起こる生理的な現象です。一般的に女性は40代半ばごろから55歳ごろにかけて月経が不順になり、閉経します。この閉経を中心とした45~55歳ごろの約10年間のことを「更年期」と言い、この時期に現れる不快な症状のことを「更年期症状」、日常生活に支障をきたす症状のことを「更年期障害」と言います。

  • 顔のほてり
  • 発汗
  • 息切れ
  • 肩こり
  • 動悸
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 手足の冷え
  • 手足のしびれ
  • 皮膚のかゆみ
  • 肌の衰え
  • 体が疲れやすい
  • 不眠
  • いらいら
  • 憂鬱
  • 不安感
  • 記憶力の低下
  • 性交時の痛み
  • 不正出血
  • 尿トラブル

ホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)とは、更年期などの急激なエストロゲンの減少に対して、必要最小限のホルモンを補充することで、その変化の幅を緩やかなものにし、閉経後のホルモン環境に体をスムーズに適合させる治療方法です。
当院の院長は、兵庫県でいち早くホルモン補充療法(HRT)の提供を開始した一人です。女性のQOL(人生の質)向上を目標に、ライフワークとして今日まで取り組んでいます。閉経後の女性のQOL向上をテーマとした講演を行ったり、ラジオ放送に出演したりするほか、女性誌に「更年期障害で行く女性が選んだいい病院」として推薦されたりもしています。

ホルモン補充療法(HRT)の基本的な様式

ホルモン補充療法(HRT)は、基本的にはエストロゲン(E)の単独服用となりますが、子宮内膜がんの予防のためにプロゲステロン(P)を併用します。使用される経口薬剤として、エストロゲン(E)には「プレマリン」「ジュリナ」など、プロゲストロン(P)には「プロベラ」「デュファストン」などがあります。

HRTの様式の推移

最近では、未だ閉経前の方には、これまでのプレマリンナデュファストンに代わってジュリナデュファストン或いは、エストラーナ(貼布剤)ナデュファストンを閉経後の方には、メノエイド(E+Pの貼布剤)かウエールナラ(E+Pの内服薬)を使用して頂きます。
(備考)経皮剤(貼布剤)は肝臓を通さないので、中性脂肪を低下させ血管壁に取り込まれやすい超悪玉の小粒子LDLを大粒子化させることでLDLの血管壁への取り込みを抑制し動脈硬化を仰ぐというメリットがあります。

備考
  • 経皮剤は肝臓を通さないので、中性脂肪を低下させ、血管壁に取り込まれやすい超悪玉の小粒子LDLを大粒子化させることで、血管壁の取り込みを抑制し動脈硬化を防ぐというメリットがあります。
  • 使用される薬剤として、経口剤には「ジュリナ(E)」、貼付剤には「エストラーナ(E)」、経口剤には「ウエールナラ(E+P)」、貼付剤には「メノエイド(E+P)」があります。

現在の当院のHRTの処方様式

1原則的には、メノエイド(E+Pの貼付剤) を使用します

2かぶれやすい方には、ウエールナラ(E+Pの経口剤)を使用します

3服用中に出血があって気になる方には、ウエールナラに代えて隔日服用を実施します

4子宮を摘出された方には、エストラーナ(Eの貼付剤)かジュリナ(Eの経口剤)、またはプレマリン(Eの経口剤)を使用します

560歳ごろからは、Pを付加せずに、低容量の女性ホルモンのエストリオール(E3)を単独投与します。

ホルモン補充療法(HRT)のメリット・デメリット

メリット

閉経後のQOL(人生の質)の向上

集中力がつき、やる気が向上します。更年期症状をはじめとする様々な身体的症状の改善もさることながら、ホルモン補充療法(HRT)の最大のメリットは「モチベーションの向上」にあると考えています。

身体的症状の改善(いずれも35~50%の改善率)

更年期症状の改善

ほてり、異常発汗、腰や手足の冷え、いらいら、動悸・息切れ、頭痛、めまい、吐き気、肩こり、腰痛、不安感、憂鬱、不眠などの更年期症状の改善効果が期待できます。

皮膚の衰えの改善

結合組織のコラーゲン量が維持されるため、皮膚の張りや艶が良くなり、化粧のノリも良くなります。

膣壁の萎縮・乾燥の改善

膣壁の表層細胞がきれいになり、膣壁に潤いが戻ってくるため、膣の乾燥感、性交痛、性交不快感が改善されて、以前と変わらぬ性生活を取り戻すことも可能となります。

頻尿、尿失禁の改善

頻尿や尿失禁など、尿トラブルの改善に効果を発揮します。

記憶力低下の改善

脳の血流が良くなり、アセチルコリンの分泌量が増加するため、記憶力低下の改善に効果を発揮します。ボケ防止のほか、最近では初期のアルツハイマー病にも有効であると言われています。

病気の予防

子宮内膜がんの予防

閉経後の子宮がんのほとんどは子宮内膜がんで、内膜はエストロゲンによって増殖するため、エストロゲンの単独服用ではそのリスクが高まることもあります。そのため、ホルモン補充療法(HRT)では、まだ子宮のある方に対してはプロゲステロンを併用して、発生率をHRT非施行者の25%程度も減少させるため、HRTはむしろメリットの範疇に入ると考えます。

骨粗しょう症の予防

女性は20~30歳ごろにかけて最大骨量に達した後、年1%程度の割合で骨量が減少し、閉経後の5年間は毎年3%程度ずつ減少していき、この5年間で15~20%の骨量が失われると言われています。そのため、ホルモン補充療法(HRT)はエストロゲンを補充することによって骨吸収を防ぐ極めて合理的な療法と言えます。さらに、骨吸収を予防するだけではなく、骨量が大幅に減った状態でもある程度までは回復させることができるという大きなメリットがあります。また、最近では下顎骨の骨量の減少を抑制することから、歯が抜けにくくなることも分かってきています。

その他

最近では、ホルモン補充療法(HRT)は大腸がん、リウマチ性関節痛、老人白内障などの予防にも有効だと言われています。

デメリット

ホルモン補充療法(HRT)のリスク

ホルモン補充療法(HRT)のリスクとして唯一挙げられるのは、乳がんくらいです。ただし、HRTは乳がんの促進因子ではあっても起始因子ではありませんし、万が一、HRT施行中に乳がんを発生したとしても、エストロゲン由来の乳がんは比較的良性かつ限局性で、進行も遅く予後も良性のタイプである場合がほとんどです。また、乳がんは他のがんと比べてダブリングタイム(がんが2倍の大きさになるのにかかる時間)が長く、進行が遅いことが多いため、年2回の検査さえきちんと受けて頂ければ、過度に心配される必要はありません。ちなみに当院ではHRT施行以来、HRTに由来する乳がん患者様はまだ1例もありません。

ホルモン補充療法(HRT)のデメリット

<少量の不正子宮出血>
閉経後、まだ子宮内膜が完全に萎縮していない方は、服用中に時としてスポット様の少量出血が起こることもありますが、通常、服用を続けることで次第に減少していき、やがてはなくなっていきます。出血が長期的に続いたり、量が多かったりする場合は、HRTの種類を変更したり、連日服用を隔日服用にしたりすることで対応可能です。

<軽度の体重増加>
服用開始ごろに体重増加がみられることがありますが、通常、服用を続けることでそれ以上の増加はみられなくなります。肥満の方にはホルモン補充療法(HRT)はそぐわないと思います。

ホルモン補充療法(HRT)の検査

検査

年に2回、血液検査などを行います。

その他の治療

当院では更年期障害の辛い症状でお悩みの患者様に、ホルモン補充療法(HRT)のほか、「ボセルモンデポー筋注」を行うこともあります。ボセルモンデポー注射とは、女性ホルモンに少量の男性ホルモンを加えたもので、2つのホルモンを補充することでホルモンバランスを整えます。通常、2~4週間ごとに1回1mlを筋肉内注射し、症状により適宜増減させます。

不安なことがございましたら
お気軽にご相談ください

産婦人科診療・一般・子宮がん健診・乳がん健診・妊婦診断
閉経婦人のホルモン補充療法・中絶手術などに対応しております

診療時間 午前9:00~12:30 午後17:00~19:00 TEL:078-575-8085 毎週火曜午後・木曜午後・土曜午後・日・祝は休診となります
top_img07_sp.png