アフターピル(緊急避妊ピル)

アフターピル(緊急避妊ピル)とは

アフターピル(緊急避妊ピル)とはアフターピルとは、避妊に失敗したとき、失敗したかもしれないというときに、性交後に服用して妊娠の確率を下げるためのピルです。

  • 膣内で射精された
  • コンドームを使用してもらえなかった
  • コンドームが外れた、破れた
  • コンドームを適切に使用できたか不安
  • ピルを2回以上飲み忘れた状態で性交した
  • その他妊娠の危険がある行為・場面があった

上記のようなケースで、望んでいない妊娠をしたかもしれないというときには、すぐに当院にご相談ください。服用が早ければ早いほど、高い効果が期待できます。

3日(72時間)以内の服用で避妊阻止率は70%以上と言われています

アフターピルを72時間以内に服用することで、妊娠阻止率は70%以上となります。
妊娠阻止率は、アフターピルの服用が早ければ早いほど、高くなります。

アフターピルの効果

以下の2つの効果によって、高確率で妊娠を回避することができます。

1受精の機会を奪う

排卵を数日間遅らせることで、精子との受精の機会を奪います。

2受精した場合も着床を防ぐ

子宮内膜の増殖を抑えることで、もし受精した場合にも、受精卵の着床を防ぐことができます。

当院が取り扱うアフターピルの種類

レボノルゲストレル錠(LGN群)

ノルレボ錠のジェネリック医薬品として登場した新薬です。
吐き気などの副作用が少なく、また1回きりの内服で済む点も大きなメリットです。

内服方法:性交後72時間以内に1錠を内服します。

プラノバール錠(ヤッぺ法)

卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されたプラノバール錠を内服します。
費用が抑えられますが、レボノルゲストレル錠と比べると吐き気が出ることが多くなります。吐いてしまうと、避妊効果が得られません。

内服方法:性交後72時間以内に2錠を、その12時間後にまた2錠を内服します。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用

  • 吐き気、嘔吐
  • 頭痛
  • 倦怠感、疲労感
  • 胸の痛み
  • 生理不順、不正出血
  • 下腹部痛

当院で取り扱うプラノバール錠とレボノルゲストレル錠を比べると、プラノバール錠の方が副作用の出現が多くなります。

服用後の避妊の成否について

服用後、最初の月経予定日前後に通常通りの出血が認められれば、避妊に成功している可能性が高いと言えます。また、服用後10日前後で通常の月経よりも少ない出血が認められた場合も、同様に成功している可能性が高いと言えます。
ただ、アフターピルの副作用として生理不順や不正出血が起こることがあり、それを患者様ご自身で上記の目安と区別するのは簡単ではありません。性交から3週間後、市販の妊娠検査薬を使用するか、医療機関で妊娠判定を受けるようにしてください。

アフターピルの処方の流れ

1.ご来院

ご来院ご予約は必要ありません。直接ご来院下さい。
※アフターピルは72時間以内に、また72時間以内であっても少しでも早く服用することが大切です。

2.診察

診察医師が診察を行います。服用方法、副作用などをご説明いたします。
ご不明・ご不安な点がございましたら、遠慮なくお尋ねください。

3.処方

診察後、速やかにアフターピルを処方いたします。

アフターピルの費用

アフターピルの種類 費用
レボノルゲストレル錠(LGN群) 8,000円(税込)

※初診料・再診料・処方料込み。

アフターピルについてよくあるご質問

アフターピルとはどんなものですか?

妊娠を希望していないにもかかわらず、コンドームが破れた・外れた、コンドームを正しく使えなかった、膣内で射精されたといった場合に使用する緊急の避妊薬です。性交後72時間以内に服用することで、高い避妊効果が得られます。またその避妊効果は、服用が早ければ早いほど高くなります。

性交後72時間以内であれば、いつ飲んでも効果は一緒ですか?

いいえ。同じ72時間以内であっても、服用が早ければ早いほど避妊効果は高くなります。また、72時間が経過した後であっても、一定の避妊効果が期待できます。

保険証は必要でしょうか?

本人確認のため、保険証あるいは免許証などをお持ち下さい。

処方のためには、内診は必要でしょうか?

いいえ。医師による問診の上、アフターピルの適応となると判断すれば、すぐに処方することができます。内診・検査は必要ありません。

アフターピルに副作用はありますか?

吐き気や嘔吐、頭痛、倦怠感、胸の痛み、生理不順、不正出血、下腹部痛などの副作用が報告されています。
当院では、プラノバール錠とレボノルゲストレル錠を取り扱っております。レボノルゲストレル錠の方が費用が高くなりますが、副作用は少なくなります。副作用が心配な方は、レボノルゲストレル錠をおすすめします。

アフターピルの処方を受けるのに、年齢制限などはありますか? また未成年の場合、保護者の同席などは必要ですか?

未成年であっても、医師が診察の上必要と判断すれば、アフターピルを処方できます。また未成年の方の場合も、保護者様の同意・同席は必要ありません。

アフターピルを飲んだら、次の生理はいつ頃きますか?

半数以上のケースにおいて生理がやや早まります。反対に1割ほどが、遅れます。
ただ、服用した時期によって異なりますので、個別にお答えします。

服用後、もし吐いてしまったときにはどうすればいいですか?

すぐに当院にご連絡ください。服用後2~3時間以内に嘔吐した場合は、再度内服する必要があります。

一番上に戻る
078-575-8085078-575-8085