おりもの(帯下)の異常

おりものの異常について

おりものの異常についておりものとは、膣・子宮・外陰部からの分泌物のことをいいます。
おりものの量・色・性状・臭いの異常を感じたときには、性感染症を含めた膣・子宮・外陰部の疾患を疑う必要がありますので、お早目に当院にご相談ください。

おりものの役割

おりものが分泌されることで、膣内を酸性に保ち病原体の侵入や増殖を防いでいます。これを膣の自浄作用といいます。
下着を汚すこともあるため、おりものにマイナスイメージをお持ちの方もおられるかもしれません。しかし、膣・子宮・外陰部の機能や健康を守るためには、欠かせないものなのです。

おりものの色や症状から
考えられる疾患

ご自身のおりものを
チェックしてみましょう

おりものは通常、半透明~白っぽい色をしています。また、卵の白身のように、少し粘り気があります。
基本的にあまり臭いはしません。ただし、おりものシート、タンポンを長く使用したときなどには、やや臭いが強くなります。
おりものの増加には、生理的増加(排卵時、妊娠時、性的興奮時など)と病的増加があります。
おりものをチェックし、異常を感じたときにはお早目にご相談ください。

白色・透明なおりもの
おりものの状態 症状 病名
白色・黄色の
おりものが増える
  • 不正出血
  • 性交時の出血
  • タンポン使用に伴う出血
子宮膣部びらん
膿のような黄色いおりもの、透明のおりもの
  • 不正出血
  • 性交時の出血
    ※症状がないことも多い。

(感染が広がると)突然の高熱、強い下腹部痛、吐き気・嘔吐

子宮頚管炎
水っぽい・透明のおりもの
  • 不正出血
  • 性交時の出血
    ※頸管炎では約90%が無症状。

(感染が広がると)突然の高熱、強い下腹部痛、吐き気・嘔吐

クラミジア感染症
ヨーグルト状・酒カス様(かたまり)のおりもの
  • 外陰部のかゆみ・痛み・発赤・腫れ
カンジダ外陰膣炎
黄色~黄緑っぽいおりもの
おりものの状態 症状 病名
黄色またはピンク色のおりもの
  • 外陰部のかゆみ・違和感・不快感
  • 性交時の痛み
  • 性交時の出血
萎縮性膣炎
黄色い膿を伴うおりもの
  • 発熱
  • 下腹部痛
  • 不正出血
子宮内膜炎
子宮留膿症
黄色い膿を伴う
おりもの
  • 突然の高熱
  • 強い下腹部痛
  • 不正出血
  • 吐き気、嘔吐
付属器(卵管・卵巣)炎
骨盤腹膜炎
黄色・クリーム色のおりもの
  • 外陰部のかゆみ
細菌性膣炎
膿のような
黄色いおりもの
  • 外陰部のかゆみ
  • 不正出血
  • 性交時の出血
  • 排尿時の痛み(尿道炎)
    ※頸管炎では50%が無症状。

(感染が広がると)突然の高熱、強い下腹部痛、吐き気・嘔吐

淋菌感染症
泡立った黄緑色のおりもの
  • 外陰部のかゆみ
膣トリコモナス症
茶褐色~赤っぽいおりもの
おりものの状態 症状 病名
ピンク色~茶色の
おりもの
  • 少量の不正出血
  • 軽い下腹部痛
妊娠初期の着床出血
赤色~褐色の
おりもの
  • 不正出血
  • 下腹部痛(初期には認めない)

※40歳代後半~60歳代

子宮体がん
赤色~褐色の
おりもの
  • 不正出血
  • 下腹部痛(初期には認めない)
  • 性交時の出血

※30~40歳代

子宮頸がん
血の混じったような
茶褐色のおりもの
  • 不正出血
  • 激しい運動後の出血
  • 性交時の出血
子宮頚管ポリープ
黒っぽいおりもの
おりものの状態 症状 病名
黒っぽいおりもの
  • 時間が経過して酸化した血液
月経時以外であれば不正出血を伴う疾患
※月経初日や終わりかけの時には問題ないことが多い。

膣炎の鑑別

膣炎の鑑別

※この表は横にスクロールできます。

膣炎の鑑別 カンジダ外陰膣炎 膣トリコモナス症 細菌性膣炎 萎縮性膣炎
(+) (++) (+) (±)
色・性状 白色、酒カス様(かたまり)・ヨーグルト状 黄緑色、泡状 黄色、クリーム状 白~黄色
臭い (±) (++) (+) (±)
かゆみ (++)  (+) (+) (±)
その他の特徴 ・外陰部の発赤・腫脹
・膣壁、外陰部におりものが付着
(好発)抗生物質
・ステロイドの服用、妊婦、糖尿病
・性感染症 ・局所に不潔
(膣内への大腸菌などの混入)

・膣の乾燥・灼熱感、少量の不正出血
(好発)閉経後

カンジダ外陰膣炎

カンジダ外陰膣炎

特徴 日常頻繁にみられる疾患で、75%の女性が生涯で少なくとも1回は罹患するといわれています。
概要 常在菌であるカンジダ・アルビカンス、カンジダ・グラブラータという真菌が膣内に繁殖して発症します。
疲れ・不眠・ストレスなどによる免疫力の低下、抗生物質の使用後、妊娠、糖尿病、ステロイド服用、通気性の悪い下着の着用などが誘因となります。
症状
  • 外陰部や膣のかゆみ・痛み・発赤・腫れ
  • ヨーグルト状・酒カス様(かたまり)の白っぽいおりもの
検査 膣分泌物の培養法。
治療

抗真菌薬(膣錠・軟膏)による治療を行います。

【処方例】
・オキナゾール膣錠(600mg):1錠のみ
・エンペシド膣錠(100mg):1日1錠×6日間。
・アスタットクリーム:1日2~3回×5~7日間外陰部に塗布する。
・ジフルカンカプセル(50mg)1回3錠(単回)。※内服薬

おりもの異常がみられる代表的な疾患

臭いが強い場合に考えられる疾患

おりものは通常、ほとんど臭いがありません。おりものシート、タンポンを使用したときには、やや臭いが強くなります。
また、以下のような疾患で、おりものから嫌な臭いが発生することがあります。嫌な臭いが続くという場合には、お早目にご相談ください。

  • 膣トリコモナス症
  • 細菌性膣炎
  • カンジダ外陰膣炎
  • 萎縮性膣炎
  • 子宮頸管炎
  • クラミジア感染症
  • 淋菌感染症
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん
  • 子宮留膿症など

その他おりもの異常がみられる代表的な疾患

  • 子宮頸がん、子宮体がん、子宮留膿症:血性・膿性、悪臭を伴う
  • 子宮頸管炎(クラミジア):透明、粘調
  • 子宮頸管炎(淋菌):膿性、悪臭を伴う

 

一番上に戻る
078-575-8085078-575-8085