性感染症

性感染症とは

性感染症(Sexually Transmitted Disease)とは、セックスにより皮膚や粘膜などを通して感染する病気の総称です。性感染症には症状に気づきにくいものも多くあるため、知らず知らずのうちに症状が進行してしまっている場合もあります。また、放置すると不妊の原因となったり、お体に深刻なダメージを与えたりするものもありますので、不正出血などの異常を感じたり、不安を感じる行為をしてしまった時などには、ためらわずにすぐに検査を受けられるようにしてください。なお、咽頭クラミジアの検査は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

こんな症状はありませんか?

次のような症状をお感じの時には、ためらわずに受診するようにしてください。症状がある場合には、保険適用で診療を受けることが可能です。

  • 不正出血
  • 黄色または緑色がかったおりものが増えた
  • 白色のぽろぽろとしたおりものがある
  • おりものに悪臭がある
  • 外陰部のかゆみ・痛み
  • 外陰部のできもの
  • 外陰部のしこり
  • 外陰部の水泡
  • 性交痛
  • 排尿時のかゆみ
  • 下腹部痛

こんな行為に心あたりはありませんか?

次のような行為に心あたりのある方は、一度、性感染症の検査を受けられることをおすすめします。

  • 不特定多数の相手とセックスしたことがある
  • オーラルセックスやアナルセックスをしたことがある
  • タンポンの抜き忘れなど、外陰部を不潔にしていたことがある
  • 疲れなどにより体の抵抗力が落ちている方
  • 糖尿病などの慢性疾患がある方

性感染症の種類

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症は、10~20代前半の女性に多くみられる性感染症です。「クラミジア・トリコマティス」という細菌の一種が原因で起こります。セックスによる感染が最も多いとされており、多くのケースで症状が現れないため、感染に気づかずにパートナーなどにうつしてしまうこともあります。

梅毒

梅毒は、「スピロヘータ」の一種である「梅毒トレポネーマ」に感染することで起こる性感染症です。早期に適切な治療を受ければ完治することができますが、放置して症状が進行すると脳神経が侵されてしまうケースもあります。また、梅毒にかかるとHIV感染のリスクも高まりますので注意が必要です。

カンジダ膣炎

真菌(カビ)によって膣で炎症が起こる性感染症です。免疫力の低下や抗生剤の使用などにより、常在菌が減少し、カンジダが増殖することで起こります。主な症状として、外陰部の痛みや腫れ、おりものの異常などが挙げられます。

HIV

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を含む血液や精液などが、膣などの粘膜や傷口などに接触することで感染する可能性があります。膣性交以外にも、オーラルセックスやアナルセックスでも感染する可能性があります。日本ではセックスによるHIV感染が最も多いとされていますので、感染予防のためには、セックス時にコンドームを適切に使用することが重要となります。

淋菌

淋菌という細菌が原因で起こる性感染症です。男性に多くみられ、1回のセックスにより感染率は30%程度と高いので、注意が必要です。主な症状として黄色がかったおりものが出る、おりものから悪臭がする、排尿時の痛みなどが挙げられます。

細菌性膣症

体内の常在菌が膣内で過剰に繁殖することで、おりものから強い悪臭が生じたりする病気です。無症状の場合も多いのですが、流産や早産の原因となることもあるため、妊娠中の方は治療が必要となります。細菌性膣症は膣内の環境の乱れが原因で起こるため、性感染症ではありませんが、他の性感染症に感染しやすい状態となりますので注意が必要です。

膣トリコモナス

膣トリコモナスは、トリコモナス原虫に感染することで起こる感染症です。主な感染経路はセックスですが、セックス経験のない女性でも感染する場合があることから、下着、タオル、浴槽などから感染するケースもあると考えられています。主な症状として、外陰部の強い痒みや刺激感、悪臭のする泡状のおりものが出るなどが挙げられます。

B型肝炎

B型肝炎とは、血液や体液などを介してB型肝炎ウイルス(HBV)に感染することで起こる肝臓の病気です。B型肝炎を発症すると、肝臓の細胞が破壊されて働きが悪くなります。一過性の「B型急性肝炎」と持続感染者に起きる「B型慢性肝炎」の2つに分けることができ、B型急性肝炎の場合は数ヶ月で治癒することもありますが、慢性化すると肝硬変や肝臓がんへと発展することもあるので注意が必要です。

C型肝炎

C型肝炎とは、血液や体液などを介してC型肝炎ウイルス(HCV)に感染することで起こる肝臓の病気です。比較的症状は軽度であるとされていますが、感染者の70%程度は慢性化すると言われています。慢性化すると肝硬変や肝臓がんへと発展することもあるので注意が必要です。

性器ヘルペス

女性の性感染症の中では、クラミジアに次いで多い性感染症です。単純ヘルペスウイルスに感染することで起こります。はっきりとした症状が現れないことも多いため、感染に気づかずにパートナーなどにうつしてしまうこともあります。外陰部に水ぶくれや潰瘍ができ、排尿ができなくなるほどの強い痛みが生じたりするほか、重度の頭痛などをともなう場合もあります。単純ヘルペスウイルスに感染すると完全に死滅させることはできないため、何度も再発することもあります。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは、20代の女性に多くみられる性感染症です。良性型のヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで起こります。主な感染経路はセックスですが、皮膚や粘膜の傷口から感染することもあります。外陰部や肛門のまわりなどにカリフラワー状のいぼができますが、痛みやかゆみをともなうことはあまりありません。いぼができる以外はほとんど無症状のため、感染に気づかずにパートナーなどにうつしてしまうこともあります。
出産時に膣内や外陰部などにいぼがあると、赤ちゃんがヒトパピローマウイルスに感染していぼができたりすることがありますが、妊婦検診を受けることで出産時の母子感染を防ぐことが可能となります。

バルトリン腺嚢胞

バルトリン腺は、外陰部の下1/3に膣側方にあり、性的に興奮した時に潤滑液を分泌して、セックスがスムーズに行えるように外陰部や膣に潤いを与えます。このバルトリン腺が細菌に感染して炎症を起こした状態を「バルトリン腺炎症」と言い、炎症によりバルトリン腺の開口部が閉塞して嚢胞になったものを「バルトリン腺嚢胞」と言います。バルトリン腺嚢胞の段階では痛みなどの症状はほとんど現れませんが、ブドウ球菌、大腸菌、連鎖球菌、好気性菌、嫌気性菌などに感染して膿瘍(バルトリン腺膿瘍)ができると、局所的な痛みや腫れ、熱感などの症状が現れます。

不安なことがございましたら
お気軽にご相談ください

産婦人科診療・一般・子宮がん健診・乳がん健診・妊婦診断
閉経婦人のホルモン補充療法・中絶手術などに対応しております

診療時間 午前9:00~12:30 午後17:00~19:00 TEL:078-575-8085 毎週火曜午後・木曜午後・土曜午後・日・祝は休診となります
top_img07_sp.png